天然酵母パン reclu  しあわせのかたち

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2015.11.30 Monday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2009.08.24 Monday  雲のゆくえ




澄んだ薄青と
長くのびた雲
気がつけば、
空はゆっくり次の季節を迎えていました


「雲のようなパン屋」
recluも
ゆっくりと、、
あたらしいカタチを迎えようとしています
9月から
定期販売+販売場所がふえることになりました
入道雲から
うろこ雲へと
変身中です

詳細は
少しづつ(決まり次第)...
ブログでお知らせいたします

これからもどうぞ宜しくお願いいたします




2009.05.18 Monday  豆文字




そら豆で余談...

五年前、
よく晴れた五月のある日
recluは
静かにはじまりました

五年目、
今日のようなお天気の日には
その時のことを思い出します

ただ、ただ、
感謝の気持ちでいっぱいになります
ありがとうございます

思わず
そら豆で「5」を模る

これからも、マメに働けますように!
これからも、宜しくお願いいたします!






2008.11.25 Tuesday  ももんが雲




「雲のようなパン屋」

数年前、
雑誌でみかけた移動販売のパン屋さんのことが
そう記されてありました
当時は
地に足が着いていないような感じがして
マイナスな印象をもったけれど
自分自身も三年間の移動販売をとおして
今は、そうありたいと思うようになりました

入道雲、いわし雲、ひつじ雲...
季節ごとの表情があって
晴れの日も雨の日も
意外と近くにいる存在

cafe l'avedone さんの形態が今年末をもって変わることもあり
reclu のこれからについても気にかけてくださる方々、
ありがとうございます
2009も
雲のように
今までと同じような販売スタイルを続けてまいります

どうぞよろしくおねがいいたします




2008.07.10 Thursday  手に刻む



粉が生地になる瞬間
酵母のリズム
いろんなサインが手から伝わる




数年前、
愛ある某カフェのマスターが
「パン生地も捏ねられるから!」とミキサーを貸してくださったことがあります
...が、わたしの生地が重いのか
見事に故障しました。(その節はご迷惑をお掛けしました)
その思い出が強く
ずっと手でこねる、こねる日々

でも1番スキな時間だったりするのです







2008.06.16 Monday  はじまりのきもち

以前のブログのはじめにも書かせていただきました。
もうご存知の方もいらっしゃると思いますが
あたらしいブログのスタート、初心を思い返して...

:recluのこと:
reclu は、レクリュとよみます。
名前の由来は3つのフランスの言葉の頭文字をとりました。

レ...raisin(レーズン)
ク...creer(創り出す)
リュ...lune(月)

わたしの名前には月の字がつきます。
こうして並んだ言葉に
『レーズン酵母とわたしの二人三脚で創り上げたパン』
というきもちを込めました。

これからも酵母と一歩ずつ、
ゆっくり前にすすんでいけたらと思っております。







/ 1 / 1 /

Profile

Category

Archives

admin